年収をUPさせよう!!地方都市求人特集~地域医療への誘い~

年収約46%アップの実績!! 現在、薬剤シティで行っている高額求人特集の中の「地方都市求人特集」として、東北エリア・東海エリア・九州南部エリアを中心に、年収700万円以上でも勤務可能な薬局をご用意させて頂きました。

地方勤務2つのメリット
・給与水準の高さ
・快適な環境

現在勤務中の薬剤師の先生方で、以下の項目に当てはまる方はいらっしゃいませんか?
Uターン転職
都心に生まれ育ち、都心で就職した後、地方に移住して働くこと

Iターン転職
都心に生まれ育ち、都心で就職した後、地方に移住して働くこと

地方で勤務すると2つのメリットがあります!!
現在、東京・大阪・福岡などの都市部と地方での給与格差は依然として開いている状況であり、その差は年収にして100万円以上の格差がある地域もあります。都市部において700万円以上でのご転職は非常に難しい状況ですが、地方ですと経験により可能になってきます。また、家賃や物価も地方になると比較的安く抑えられる点もあり、年収UPに加えて支出を抑えられるという点で、貯金もしやすい状況になるのです。

快適な環境
地方都市では、都心では決して得られない豊かな自然が身近に多く残っています。そんな環境は、スポーツをするにも、ゆったりとリフレッシュするにも最適です。日帰りでもゆっくり過ごせる距離に大自然が広がっているのは地方ならではでないでしょうか。

調剤経験10年程度の先生の比較
大阪市内に在住32才男性の場合
岐阜県内に在住32才男性の場合
都市部と地方で比較すると「月額給与-家賃」では月額約24万円程の開きがある状態に… ※上記のお二方の例は極端な例ではなく、更に娯楽費などを加算すればこの差は更に広がります。
転職サポートにご登録 ご登録・ご利用は無料
確かに給与が良いし、興味も無くは無いけど、実際に地方に行くのはちょっと… と考えているあなた!薬剤シティは一味違います! 【期間限定】1年~3年程度の期間限定でもご応募可能です!【関西面接】また、大阪でも面接可能です!
この特集の一番の売りはやはり「給与」ですが、地方出身者ではない方にとって期間の定めなしに働くとなると、まず「働いてみよう!」とは思わないでしょうし、勤務する中で精神的にも辛いものがあると思います。 しかし、3年なら3年と、ある意味で割り切った形の勤務は薬剤師の先生ばかりでなく、薬局側にとっても「採用の時期が明確になる」という点で共にメリットは大きいのです。また、実際に興味はあっても現地まで面接に行くのもかなりのパワーが必要となります。
薬剤シティでは、大阪などの都市部に先方に来て頂けるよう関係を深めておりますので、面接に際しての労力も必要ありません。

転職サポートにご登録 ご登録・ご利用は無料
薬剤シティならこんな求人をご紹介!!
薬剤シティ求人紹介

薬剤シティは、南は沖縄から北は北海道まで、求人の種類に応じて幅広くご用意させて頂いております。希望のエリア・給与額などを目安にお気軽にご相談ください!!もちろんご質問だけでも結構です!!

転職サポートにご登録 ご登録・ご利用は無料
キャリアアップ事例
実績!!A.M先生は、年収約46%UP!!
大阪府在住 A・Mさん 31歳 男性 既婚【職歴】ドラッグストア 4年間勤務 調剤薬局 5年間勤務【年収】540万円→790万円
Story1 独立開業の資金稼ぎのため、高額案件を求めて
大学卒業後、ドラッグストア・調剤薬局にて大阪で勤務されてきたA先生。今後、3年~5年の間に独立開業を考えており、そのための資金を稼ぐため、地方高額案件を希望され、弊社にご登録がありました。 現在、A先生はご結婚されており全国どこでも転居可能で、年収は800万円程度希望ということで当初お伺いしておりました。そこで、提案可能な薬局を北は北海道、南は宮崎まで計5社ご提案させて頂いた結果、年収と待遇との関係から、宮崎と岐阜の案件に対して面接を進めていきました。
Story2 自分の思い。そして家族の思い。
そしていざ面接日となりました。面接に関しては大阪に在住のA先生に配慮して頂き、宮崎と岐阜の薬局のご担当者にそれぞれ来て頂くようお願い致しました。宮崎の薬局とは伊丹空港で・岐阜の薬局とは弊社オフィスでA先生とご面接をさせて頂きました。面接は無事に終わり、待遇面での折り合いもつき、無事2社とも年収約800万円にて内定を頂きました。Aさんとしては様々な店舗形態を考えており、後学のために宮崎の案件を希望しましたが、奥様としては関西に近い岐阜の薬局を希望している状況でした。その結果、自分の思いを貫くのみでは奥様にとって負担になるとの理由で、岐阜の薬局にご入職されました。また、引っ越し等の転居費用は全て薬局に負担して頂いたため、A先生にとっても負担は少なく、非常に満足して頂けました。
担当コンサルタント 布施智子 「年収700万~800万円以上の案件はネット上で検索してもなかなか探せない種類の案件であり、個別に交渉しないと出せない金額です。薬剤シティにその交渉はお任せください!必ず満足頂けるよう全力でサポートさせて頂きます!!」

転職サポートにご登録 ご登録・ご利用は無料

初めての方へ│転職サポートサービスとは?

人材流動化時代を迎え、多数の「人材派遣」「転職WEBサイト」サービスが溢れ、ワークスタイルや転職活動の方法が多様化しています。
その中でも転職活動の一手段として「人材紹介サービス」を利用する転職者が急速に増加しています。
仕組みを理解して、あなたの転職活動に活かしてみては如何でしょうか?

転職者と企業・医療施設を「つなぐ」サービス

転職サポートサービスは「有料職業紹介事業所」と呼ばれ、厚生労働大臣の認可を受けた民間の職業紹介サービスのことです。転職希望の方々と人材募集している企業とを橋渡しするサービスを行っています。

転職希望者の方が希望する条件・就業環境と、企業・病院の要望する求人情報のマッチングを行ない、企業・病院に転職希望者の方を紹介します。面接をした上で、双方がご納得頂ければ企業・病院の正社員として入社します。

転職者と企業・医療施設を「つなぐ」サービス
転職サポートサービスはキャリアコンサルタントが転職者希望者と求人企業の仲介役となる為、転職希望者の方が単独で転職活動を行うより時間・労力面で非常に効率的です。

またキャリアコンサルタントとの面談により、あなたを客観的に分析することで、これまで自身が気が付かなかった強みや特性を発見できるメリットもあります。

他にも履歴書・職務経歴書などの応募書類の書き方や面接でのコツ、面接日程の調整、給与・待遇交渉の代行まで幅広いサポートを受けることができます。

無料だから安心・気軽にご利用頂けます
転職サポートサービスを利用するのに、登録費用やその他サービス料は一切必要ありません。 企業・病院の採用支援を行なうことで、ご提供するサービス費用は企業・病院側から受け取っています。 こうした転職サポートサービスを利用する企業は年々増加しており、転職活動の新しいスタイルとして定着してきています。

他の人材サービスとの比較
人材関連のサービスが多様化する環境では、人材派遣サービスや転職WEBサイトと同じサービスと思われるケースがありますが、転職サポートサービスとは次の様な違いがあります。

・人材派遣サービス
派遣会社の社員として雇用され、企業へと派遣されます。企業と求職者のマッチングをする部分が非常に似ていますが、あくまで雇用関係は派遣元である派遣会社となります。人材派遣サービスには登録型と常用型派遣の2種類があり、登録型は基本的に雇用期間が限定されます。
・転職WEBサイト
企業が募集している求人情報をWEBサイト上から閲覧・応募ができるサービスです。求人情報をWEBサイト上で閲覧・応募できる部分が非常に似ていますが、もちろん企業と求職者のマッチングサービスなどありません。またキャリアアドバイスなどのサポートもありません。

管理薬剤師限定に年収600万円以上の限定求人

管理薬剤師限定ハイクラス求人、年収600万円以上可能!!
管理薬剤師として経験がある方、調剤経験5年以上の方限定に年収600万円以上のハイクラス求人のご提案
管理薬剤師経験者限定に年収600万円以上 (月収50万円以上も可) +αの求人をご提案させていただきます!

活躍されるフィールドは幅広くご用意させて頂いております。もちろん上記のような明確な希望がない方でも、ご安心ください。「何が不満で、どういった職場に転職したいのか?」ということを考え、自分の軸を決められれば、答えは見つかりますので、一緒に考えていきましょう!

前職では、約10店舗を展開している調剤薬局で管理薬剤師として勤務していたKさん。お休みが取りやすく無理のない勤務体系で勤務できる薬局を希望されており、弊社から管理薬剤師として勤務可能な全兵庫県内で5店舗展開されている薬局をご提案。

ありきたりの働き方・求人内容に愛想を尽かしているそこのあなた!
世間では無謀だとも思えるような希望条件であっても、薬剤シティでは真正面から受け止め、全力で交渉させて頂きますので、一度ご相談ください。ご登録お待ちしております。

働く薬剤師ママ

現在、
「出産を終え、時間に余裕ができたから、もう一度薬剤師として活躍したい!」
「職場復帰したいけれど、保育園のお迎えがあるから夜遅くまでは働けない…」
「子供の行事には参加したいが、今の薬局では休みがなかなかとれない…」
「もう少し収入UPをしたいけれど、薬局の事情で勤務時間が増やせない…」

という声が色々な所から聞こえてきます。(あなたも思い当たる節はありませんか?)

しかし、心配は御無用!今は転職・再就職するにはチャンスなんです!!なぜか・・・?
現在、薬剤師を取り巻く環境は大きく動きつつあります。
●医薬分業が鈍化傾向にありこれまでのような薬剤師需要の伸びは期待できません。
●全国で薬学部が次々と設立され、6年制も導入されることで、2012年以降は薬剤師数は増え続け、2013年には約35,000人程度の薬剤師が就職難に陥るという予測もあります。
しかし、2010年2011年には薬剤師の新卒が誕生しない為、どの薬局も今のうちに薬剤師を確保しておきたいという思惑があり、採用の門戸を広げている状態にあります。
薬剤シティではママさん薬剤師を応援いたします!!
ママ予備軍、子育て真っ最中、子育てひと段落。ママの状況によって、希望はいろいろ…。

例えば…
●3年間のブランクがあるから、週3回・4時間程度働いて徐々に業務に慣れていきたい
●18時に保育園のお迎えがあるので、それまでには家に着きたい
●家事・育児との両立を考えて、車通勤可能な薬局で働きたい
●処方箋枚数や科目が負担になっている。もっと余裕を持った環境で働きたい
もしくは、
●子供も大きくなってきたので、パートから正社員として勤務したい
●今後、増えゆく在宅業務にもチャレンジしたい
相談する(ご利用・ご登録は無料)
転職事例
Story:1 ブランクがあっても無理なく安心して働ける職場を求めて
大学を卒業後、地元の総合病院で5年勤務されていたTさん。
その後、ご結婚を経て旦那様の転勤の関係で関西へ移られ、仕事に復帰されました。
4年間調剤薬局での勤務の後、ご出産・子育てのため、5年間薬剤師の仕事から離れていました。
しかし、もう一度復帰を希望され、弊社にご登録がありました。
お子様がまだ小さいため、「自宅から近いこと」「託児所へお迎えの都合上、16時までの勤務」を希望条件として面談時に挙げて頂きました。
ご自身でもいくつかの大手薬局を検討している状態でしたが、弊社から小規模の2つの薬局をご提案させて頂きました。

Story:2 当初考えていた薬局とは違う薬局
Tさんがご自身で考えておられたのは以前から知っていた某大手調剤薬局。
しかし、その薬局様は、条件的には悪くないのですが、たくさんの薬剤師様がご在籍されておりますので、急な休みに対しての柔軟な対応は少し難しいように感じられ、お子様を育てながら長く働くとなれば少し合わないように感じられました。
私が小規模の薬局を提案した理由は、その薬局様は小さいお子様を持つ主婦の方が多く在籍しており、お子様の学校行事や急な発熱等、お休みに対しても理解のある職場であったからでもあります。
Tさんにその旨を伝えると、長く働く環境として考えられるという点で気にいって頂けました。

Story:3 事前の面接練習で、希望先に内定
弊社では面接前には緊張を和らげることも兼ねて、喫茶店などでお話させて頂いた上で面接に臨んでいますが、Tさんは面接にあたり、不安に思われていたため、面接の練習も同時に行いました。
結果面接では普段通りのTさんらしさを出すことができ、2社とも内定を頂きました。
後日、Tさんはご自宅からも近く、より親身になって薬局の説明をしていただいたS薬局に入職されることを決めました。
Tさんからは、希望条件にはなかったお子様の学校行事や発熱等、急なお休みに対しても理解のある職場であったことも喜んでいただけました。
入職後も薬局側から歓迎会を開いて頂いたことなど、近況をお聞きしており、現在ではお子様も少し大きくなられ、プライベートを大切にしながらママさん薬剤師として活躍しておられます。

相談する(ご利用・ご登録は無料)
担当者は私です!
布施智子(ふせさとこ)
やりたい仕事を確実に!
あなたの転職を成功に導きます!!
はじめまして!!キャリアコンサルタントの三島と申します。新卒から人材派遣・紹介など人材業界で様々な方の転職に携わってきました。その中でも私が常に大切にしている事は、『すべての方に後悔のない転職活動をしてもらう事』です。希望条件はもちろん、将来のビジョンや夢など聞かせて頂き、その方と理解し合う事が何より重要と考えております。

人生の大半を占めるお仕事はあなたの人生に大きく影響します。新たな環境に身を置く事で、期待と共に不安も大きいはずです。日々多くの方から御相談を頂きますが、「履歴書の書き方が分らない」「面接で緊張して上手く話せない」など些細な事から調剤現場のお話まで内容は様々です。何でもお気軽にご相談下さい。採用のプロとしてアドバイスさせて頂き、ご多忙の方には出張面談も致します。

人材業界での経験から、各施設へ採用に関する専門的な提案を行っている為、従来の求人には無い弊社独自の勤務体系の提案や採用枠のご紹介をさせて頂いております。弊社独自のサービスとして御提供できると思いますので、宜しければ情報収集の一環として御相談下さい。

今すぐではないけれど、「いいところ」があれば転職したい!という方にはオファー機能もご用意しております。

薬局・ドラッグストアだけが、薬剤師の活躍の場ではありません。

薬剤師の為の転職サイト

薬局・ドラッグストアだけが、薬剤師の活躍の場ではありません。
病院での勤務で、「チーム医療の担い手」「専門性が高まる」「患者さんとより身近」「専門薬剤師への道」

薬剤シティなら、例えばこんな求人(非公開求人)をご用意!
[薬剤師のための転職サイト]薬剤シティで求人を紹介してもらう ご登録・ご利用は無料

だからこそ、今求められるのは、「資格に頼らない薬のスペシャリスト!」
「医療人」としてスキルを磨いた人だけが高い市場価値を勝ち取る時代です!
単なる有資格者としてでなく、チーム医療の一員であり、医療の最先端に立つ「薬のスペシャリスト」としての役割が高まっており、今後ますますその専門性が問われる時代になっています。

「薬のスペシャリスト」として必要な業務・情報は、「医療の現場=病院」の中にあります!
医療の担い手「病院薬剤師」 病院への勤務でスキルアップしませんか?
チーム医療の一員として臨床の最先端に立つ病院薬剤師は、スキルアップに最適 医師・看護師など、各々の専門家と意見交換しながら、最良の治療法を考え、病状・病歴・年齢・性別といった幅広い視点から治療を実践していきます。臨床の現場に立ち、患者さんとの距離が近い、「病院薬剤師」は、今後ますます期待される役割です。 ベッドサイドでの服薬指導など、患者さんの不安や疑問を取り除く、コミュニケーションの担い手でもあります。

病院勤務で、こんなスキル・経験が身につきます!
調剤薬局では味わえない「病院」の魅力!
「医療人」として幅を広げる
最先端の医療 医師・医療スタッフとの連携を密に行い、チーム医療の一員として高度な臨床活動が盛んに行われています。
専門性 混注やミキシング業務、TDM(薬物治療モニタリング)など、多岐にわたり専門性を伸ばせる環境です。
患者さんにより近く 服薬説明を含め、患者さんの改善データを見ながら、1人1人にあった最善の治療法を実施していきます。

「専門薬剤師」への道
チーム医療の進展、高度な知識や技術の必要性から、専門性の高い知識・スキル・実務経験をもつ薬剤師を養成し、認定資格を与えようという動きがあり、がん・感染制御・精神科専門薬剤師などがあります。これらは、新しい薬の開発だけでなく、既存の治療法の改善など、より専門性の高い臨床活動を担う存在です。

医療の最前線で専門性を高めたい方
チーム医療の一員となりたい方

ご利用者様の声
面接前に、病院見学を何度も繰り返し、納得の転職先に出会えました(薬剤師・34歳・女性 市立病院→公立病院)
もっと服薬指導をしたい、委員会を立ち上げたいという思いはあったものの、前職ではそれらがなかなか叶わず、人間関係にも悩み、転職を決意しました。薬剤シティのコンサルタントの方には、スキルアップできる環境はもちろん、中途採用者がすぐに馴染めるか不安だったため、何度も何度も病院見学の機会を設けていただき、メリット・デメリットの両方を理解した上で、納得の転職を実現できました

患者さんに近い立場で、医療に携わりたい(薬剤師・27歳・男性 新卒)
就職活動の歳、調剤薬局か病院かの選択に迷いましたが、薬剤師として患者さんの役に立ちたいという初心を貫き、病院での勤務を選びました。何よりも教育制度に力を入れている病院を重視し、その中で、男性の薬剤師が働きやすい所をいくつか紹介していただき、無事希望を叶えることができました。将来的には専門薬剤師を目指し、充実した日々を送っています。

薬局長希望・年収アップ、条件交渉は全てお任せでした(薬剤師・51歳・男性 病院→調剤薬局→病院)
調剤薬局、病院等様々な環境で経験を積んできましたが、やはり医療に直接携わる病院薬剤師として専門性を高めたいと考え、薬剤シティに相談しました。これまでの経験も踏まえ、薬局長待遇・年収アップ等、コンサルタントの方に自分の希望をじっくりとお話し、その後の条件交渉は全てお任せしましたが、こまめな報告や粘り強い交渉のおかげで、最後まで安心して転職時期を過ごすことができ、大変感謝しております。

病院勤務をお考えなら、薬剤シティにご相談ください。
非公開求人で満足 看護師専門の転職支援「カンゴシティ」とも連携を取り、1人1人に最適な求人情報を公開・非公開問わずご紹介!ご登録から入職まですべて無料でご利用いただけます。
専任コンサルタントで安心  「納得できる転職」を実現するため、ご希望・キャリアプランなど、何でもご相談ください!女性コンサルタントも在籍し、働く女性の視点からもサポートします!
キメ細かい求人情報で納得 処方箋枚数や設備、同僚の数など、実際に働く上で気になる情報は何でもお聞きください!もちろん、就業条件の交渉もお任せください!

やりたい仕事を確実に!
あなたの転職を成功に導きます!!
薬剤師の皆様にとってこれが、最後の転職となりますよう、日々全力で皆様の転職支援に取り組んでおります。
実は私も転職経験者なんです。新しい職場への大きな不安や期待は計り知れないですよね。
皆様に気持ち良く新生活のスタートを切って頂けるよう、その不安のひとつひとつを皆様と一緒に消していければと思っております。考えがまとまっていなくても、どんな些細な事でも、まずはお気軽にお電話ください!

求人サイトや転職サイトを利用するメリット

薬剤師を専門とした求人サイトの中より複数社の登録会員になり、各社の求人を比較検討することが大切です。そうしていると、理想的なものを見出すことができるはずです。正社員の立場と比べてパートに関しては、収入は少ないものですが、仕事に就く時間や日数は割と勝手を聞いてもらえます。薬剤師の転職カウンセラーなどを上手に利用していくことで、めいめいに一番合う求人に合いましょう。
診療報酬・薬価の改定があったことにより、病院の収入が減ってしまったのです。それにより、薬剤師の年収そのものも下げられてしまうため、大学病院で勤務に当たっている薬剤師の給与額というものがアップに繋がらないのです。大学病院で働いている薬剤師に入る年収が安いのは明白。それをわかったうえで、そこで働く理由というのは、よその職場においてはまず経験不可能なことをたくさん積み重ねることができるからこそなのです。
1月を過ぎた時期というのは、薬剤師さんにとって、賞与後には転職しようということからあれこれ始める方、新年度を想定して、転職について悩み始める方がいっぱい現れる頃と言えます。

  

このところの医療の業界の傾向は、医療分業化という流れにもより、規模の大きくない調剤薬局が急増、すぐに働ける薬剤師を、最も欲しがる風潮が高まっていると言えます。
簡単に申しますと、調剤薬局での事務職は「薬剤分野」のところだけ学んでおけば良いことから、難しいものではなく、気を張らずにやってみることができるということで、評価の良い資格なのであります。
転職する時に、皆さんに利用してもらいたいのが、薬剤師転職サイトになるわけです。一般公開していない求人が大変多く、非常に多数の案件を取り揃えているものが人気を集めていると言います。
ドラッグストアで働いてスキルアップをして、それから独立してお店を開店する。商品を開発するうえでのアドバイザーとして職を変え、企業と契約を結び高収入に繋げる、というキャリアプランを練っていくことももちろん可能です。今後転職する際に、できる限り使ってもらいたいのが、薬剤師転職サイトなのです。一般には公開しない求人案件も豊富で、何千件もの求人を取り扱っているサイトも存在するらしいです。

  

正社員のときと比べパートは、給与は低いのですが、仕事をする日数や勤務時間は調整しやすいです。薬剤師の転職アドバイザーなどを活用するなどで、めいめいの条件に一番近い求人に合いましょう。
基本的に一般公開をしている薬剤師向け求人案件というのは全体の2割ほど。8割についてはいわゆる「非公開求人」で、通常では探せない求人情報でも優良な内容が、たくさん入っています。
気になる薬剤師求人サイトを2~3社選んで、そこの会員になって、幾つもの求人をチェックしましょう。その中から、自分にぴったりの勤務先を探し出すことができると思います。
職場が広くはない調剤薬局という勤務環境は、製薬会社あるいは病院と比較しても、仲間との関係の幅が狭まってしまうものに違いありません。であるから、職場との関係が一番大切な要素かもしれません。
診療報酬・薬価の改定が原因となって、病院の収入は減ってしまっています。そのことによって、薬剤師が手にする年収も額が下がってしまうので、大学病院に属している薬剤師の所得があまり増えなくなるのです。

調剤薬局で自分に合う働き方がおすすめ

近所のドラッグストアで、パートの薬剤師をしようと考えているなら、暫くの間待ってください。インターネットの薬剤師求人サイトをチェックしてみれば、ずっといい仕事先を見つけることもできます。
求人サイトでは、専門のアドバイザーの相談受付などがあることもあって、薬剤師向けの転職サイトというのは、求職者のパワフルな支援役になるはずです。
人が組織内で働いていくという現代において、薬剤師が転職に直面するときだけに限ったことではなく、対話能力アップを考えず、転職あるいはキャリアアップはうまくいかないのです。
中途募集の求人数が他と比べても多い職というのは調剤薬局です。収入については約450万円から600万円。薬剤師という職は、経験が何より重視されるという傾向があるために、新卒の初任給の金額と比較しても高くなるのです。
男性では、やりがいを欲する方が高い割合を占め、女性につきましては、不満は上司に対するものが一番多いのです。男性は仕事そのものが重要で、女性には環境面が一番重要であることが、薬剤師の転職に置ける特徴的な傾向とはっきりいえます。

薬剤師の仕事をしっかり集中させるなら調剤薬局が適所
病院やドラッグストアでの勤務に比べてみたら、調剤薬局という場所なら、忙しさとは無縁の環境で作業するのが常です。薬剤師本来の業務にしっかり集中できる環境だと言えるでしょう。
レアケースとしては、ドラッグストアでとられている販売のノウハウに詳しいマーケットエージェントや、商品開発担当のアドバイザーといった仕事をする場面もあるようだ。
苦心して得た豊富な知識や技術をふいにしないように、薬剤師が転職先でも保有資格を有効活用できるように、職場の環境を管理することはとても大きな課題です。
薬剤師のアルバイトで行うべき職務として、患者さんたちの薬歴管理があり、各々それまでのデータを基に、専門家としてアドバイスするという内容の仕事になります。
ドラッグストアの業種につきましては、薬剤師の方の募集案件についてはまだ多数あります。興味を持ったとしたら、インターネットを使って詳しい募集情報を確認するようにしてください。

日中のアルバイトとしても時給が良いとは思うのですが、夜間に働く薬剤師アルバイトだと、ずっと時給が上がります。約3000円という仕事もそれほど珍しくないみたいです。
世間の薬剤師という免許を所有するたくさんの方が、出産後も薬剤師の資格があることを大いに生かして、アルバイトで働いて家計を支えていると聞いています。
時給が良いというのは、薬剤師のアルバイトのいいところです。アルバイトとして働いていても、雑用だけではなく、社員と同じ業務内容を行うことが可能で、経験を重ねることさえできる仕事なんです。
大学病院で働く薬剤師が手にする年収はとても低い。それを認識したうえで、この職を選ぶ背景にあるのは、他の勤務先では経験できないようなことを数多くさせてもらえるから。
相当な思いで学んできた知識とか技術などを宝の持ち腐れとしないように、転職した後も変わらずに薬剤師が専門的な資格を活用できるように、勤務する職場条件を整えるようにしていくことは必要不可欠と謳われています。